アリさんマークを使ってみての感想

私が2年前に今の場所に引っ越す前に頼んだ業者の話です。

私は料金が安いと評判だったアリさんマークの引越社に無料見積を頼みました。

その頃は実家暮らしをしていて、

一人暮らし用に持って行く荷物は少なかったです。

20代後半でしょうか、若い男の人が見積査定に来ました。

4万8千円の見積り金額でした。

 

引越し当日、ドライバーの人から連絡があって「遅れる」との事でした。

連絡があったのはよかったのですが、

15分くらいで着くと言っていたのが、1時間くらい遅れて来ました。

「道が混んでましてすみません。」と言うのはわかりましたが、

もう一回くらい連絡が欲しいと思いました。

 

スタッフは社員が2人と派遣の人が1人でした。

派遣の人が指示を待っているだけであんまり動いていませんでしたが、

スタッフの人は手際よく私が詰めたダンボール箱を運んでいました。

全部で20箱くらいあって、

そのほとんどは文庫本や雑誌などの重いものでした。

3時間はかかってなかったと思います。

 

引越し先が2時間くらい離れている場所だったので今回は業者を使いました。

重い荷物等もあり、全体的には満足しています。

引越しの金額はどこも大きくは変わらないそうです。

ただ、できるだけ繁忙期(2月~3月)などを外すと

かなり安くなる場合もあると聞いたので、

今後はできるだけその時期を外そうと思いました。引っ越し業者案内らくるネット

癒されたい人のためのアクアリウム

癒しが欲しい、疲れた私を和ませてくれるものはないか。

健康やリラクゼーションが盛んな現在ですが、いろいろとありすぎて迷ってしまいます。

その中でも気になっているのが「アクアリウム」。

水槽に熱帯魚や植物などを入れて、インテリア代わりにするものです。

これは種類が豊富で盆栽のようなものもあり、また派手な装飾の女性向けもあります。

写真やカタログを眺めているだけでも気分は晴れてくるようです。

水と植物。観葉植物とは違った色合いで、流れる水が葉をゆらす様子は趣があります。

ただ、生きている植物や魚を飼育するのは手間もかかりそうなのでそこは検討中です。

時間がかからず手間もかからずお金もかからない。

理想的なインテリアやリラクゼーションは、「置いといていいこと」だと思っているのでその点人工物は利点があります。

造花を置いておくように放置したまま、好きな時に好きなだけ眺めていたい。

地味で殺風景になりがちな室内の彩りとして、考慮している品です。

昔でいえば金魚鉢でしたが、そういった日本的なものよりはライトアップして作り物の熱帯魚を入れておきたいと思ってます。

それも今後の予算次第ですが。

正反対な親子の密室バトル!

父は極度の高所恐怖症です。

車で川に架かった橋を渡るのも、しっかりとハンドルを握って前だけを見つめています。

そんな父がたまに遊園地に連れて行ってくれると、観覧車に乗ります。

あまりはしゃぐタイプの父ではないので、唯一何もしなくていい観覧車に乗ってくれるのです。

が、高所恐怖症なので、きっと1番イヤな乗り物だったことでしょう。

私は完全透明で下も見えちゃうタイプが好きなのですが、父はそんなことをしたら死んでしまいそうなので、ここは私が諦めて普通の観覧車に乗ります。

乗ってしまえば密室で、1周回るまでイヤでも降りることはできません。

乗ってしまえば私の勝ちも同然、自由なのです。

私は観覧車の中で立ちます。

できるだけ高いところに行きたいので、座るよりも立つんです。

なんだか浮いているような感覚も味わえますし、手すりなども持ちません。

アッチの景色、コッチの景色と観覧車の中で動きまわります。

当然、観覧車は揺れるんですね。

父は真っ青な顔をして怒りますが、父が手すりから手を離せない事も立ち上がれない事も分かっている私は、余計に揺らして遊びます。

観覧車密室バトルは余裕で私の勝利です。

観覧車を降りてもしばらく父は大人しいです。

でも、今思えば可哀想な事をしたなぁ…。

また、いつか観覧車に乗る機会があれば、私が大人しくしてあげようと思います。

言うだけじゃなくってさぁ…連れてってよ!

大人になった今も家族のネタにされている事があります。

とある遊園地に幼稚園くらいの時に行ったのですが、橋が架かっていたんです。

その橋の下は川みたいになっていましたが、遊園地内に川はないですしプールなのかな?という感じです。

橋は普通に使われており、何人もの人が行き来していました。

でも、なぜだか橋は水に濡れていたんです。

快晴の日に橋だけ濡れている異様な光景に戸惑ったのを覚えています。

その橋の下の川は急流滑りが落ちたあとの道だったんです。

数分ごとにアトラクションは動き、この橋のところに落ちてきます。

この時の水しぶきが橋にも飛んでくるという事だったんですね。

それも結構な水しぶきで、橋の上に止まっているとびしょ濡れ確定なものでした。

急流滑りが落ちてくる時には橋を渡る人にも分かるように音楽が流れます。

調度私が橋が濡れているのを眺めて考えている時に音楽が流れました。

周りの人は避難します。

私の家族も非難して橋には私だけが取り残されました。

知らない人にも「早く!おいで!」と言われるけれども、何が何だか分かりません。

子供の私には音楽の意味も非難する意味も分かりません。

必死に呼び続ける家族や他人の声を「なんだ?」と聞いているうちにびしょ濡れになりました。

見事に全身、プールに飛び込んだ後みたいになっていました。

家族も他人の人も何故か大爆笑!誰も助けてなんてくれませんでした。

今でもネタにして笑われるのですが、だっただ連れてってくれればよかったのに!!と思っています。

涼しく感じる寝具が欲しい

毎年のこの時期の悩み……。私は北東北に住んでいますが、さすがにこの時期は蒸し暑いですね。生活リズムが夜型なため、寝るのは太陽が昇ってから。おのずと気温が上がってくる日中に寝なければならないわけです。エアコンが設置されていない寝室なので、頼りは扇風機。しかしこの扇風機が曲者でして、意外と腹を冷やすんです。窓もドアも開けっ放しでないとならないような気温の日でも、扇風機をかけたまま寝ると肌が冷たいことがあります。よく扇風機をかけたまま寝ると死ぬ、なんて都市伝説みたな噂を聞きますが、死ぬほどではなくても案外気を付けた方がいいのかもしれませんね。

 

 

使う時期が限られるから、と毎年欲しくても買わずじまいなのがジェルマットレス。最近塩を使ったクールマットも出ていて、どちらか一枚試してみたいなぁと思いますが一枚数千円となるとどうしても手が出ないです。今年はもうあと2カ月もすれば秋なので、嫁の許可は降りなそうなので、来年こそは試してみたいですね。

パーティは二人をロマンチックなものにした

先日、職場の女性とパーティーに出かけました。これで二回目です。彼女の婚活相手を見つけるため、俺がエスコートしました。場所は銀座。前回の反省をふまえ、今回は俺が先に入り、彼女は3分経ってから入るというもの。そうして他人のふりをして、初対面を装って知り合うわけです。彼女には最高の相手を見つけてほしいですから・・・。

パーティが始まり、僕はノンアルコールビールを飲んで女性グループと打ち解けていました。遠くに彼女を見つけ、女性との会話を打ち切り声をかけに行きました。すると彼女の元へ男が・・・。なにやら仲良くやっている模様。男の持ち前の色お琴振りで、ナースさんはいつにない笑顔を見せていました。俺は、なぜか悔しかった。なんでだろう・・・。ただ応援するって言っただけなのに、虚しさだけが残る。できるだけそっとしておいた。

パーティもお開きとなり、二人で落あい、いつものように晩飯に行くことにした。そこで俺は良い人がいたか聞いた。そしたら、笑いながら「全然」と。違う。彼女にはお気に入りの相手がいるはずだ。そう、あの色男だ。でも、それは聞かないでいた。

「○○さんなら、きっと男がきますよ。」そういうと彼女は眉を下げ「わたしなんかだめだよ~。もう、あきらめちゃおっかな・・へへ。」

そんなに困った顔するなよ・・・。かわいすぎんだよ。俺の中でなにかがはじけた。

ぎゅっと手を握り、彼女を引っ張る。「ぁ、いたいよ!どうしたの。○○君!?」

は・・・しまった。興奮してついやってしまった。慌てて手を離す。彼女は少し戸惑った表情でこちらを見る。「いつもとちがうよ?」

言わなきゃ。俺は、俺は・・・。

怖い顔をして、地面を睨んでた俺は彼女を見つめ、精一杯の笑顔で、こう言った

「もし、誰も○○さんをもらってくれなかったら。俺がもらってあげますから・・・。」

無言で、また、手を繋ぐ。今度は何も言われなかった。お互いに温かい手のぬくもりを感じながら、二人は歩き出した・・・。

今、職場恋愛してます

外見へのコンプレックスが強かった私、専門学生となりアルバイトを始めてから、キャッシングでお金を借り入れるようになりました。

そもそもアルバイトを始めたのもキャッシングをするためでした。

専門学生であってもアルバイトなどで安定した収入があればキャッシングができる、

と知っていたためにアルバイトを始め、すぐにキャッシング申込みをしたのです。

アルバイト代とキャッシングで借り入れたお金は、

生活費とするだけでなくファッション用品、メイク代、ネイルサロン代、美容用品、と外見につぎ込みました。

お金を掛ければ掛けるほど自分が綺麗になるのが分かり、キャッシングATMで借り入れる手は止まりませんでした。

キャッシングでお金を借り、限度額までに達し、更に別の機関で借り入れをする、

といった繰り返しをしておれば、最終的には生活に困るまでにお金に困ってしまうのは確実、

私はそう知っていても実感がありませんでしたし、今綺麗になれれば将来お金に困っても良い、

といった幼稚な考えを持っていたために限界まで借り入れました。

返済生活が始まり、お洒落に気を使うよりもお金に敏感になり、

どうやってお金を得るか、とお金中心に考えるようになり意地汚くなりました。

常にお金の事を考える日々にまいってしまい、ついには債務整理を。

債務整理は女性弁護士がいる弁護士事務所に依頼をし、男性が苦手な私は女性弁護士に債務整理の相談をしました。

親身に相談に乗ってくれ債務整理に踏み切ってくれ、債務を軽減しそれからは無理の無い生活ができるようになりました。

48年ぶりに自由の身になった袴田巌さん

みそ製造会社専務の自宅で起きた殺人事件の犯人として、48年間拘置所生活を送っていた、袴田巌さんが、無罪になって、自由の身になりました。

拘留期間が長く、どんどん記憶力は衰え、お姉さんがいることもわからなくなってしまうほど記憶力の低下がみられた袴田さんですが、

少しづつ、元気を取り戻してくれているようです。

この事件は、映画になるほど反響が大きく、裁判の行方が注目されていましたが、お姉さんの秀子さんの長年の努力が実って、本当に良かったと思っています。

この人に濡れ衣を着せて、逃げている犯人は今頃どこで何をしているのでしょう。

暴力で発言させないで、犯人に仕立ててそのまま無期懲役や死刑判決を受けたという人が、もしかしたら今まで相当な人数いたとしたら、

とても大きな問題です。何が真実なのかというのは、時間が経てばたつほどわからなくなってしまいます。

こういう凶悪犯罪が二度と起こらないように願うとともに、

もし、冤罪でとらえられている人がいたら、速やかに釈放するようにしていただきたいと思いました。

城南静岡の浅野さんの活躍

シンクロナイズドスイミングのジュニア大会で、見事優勝した静岡城南高校の3年生、浅野さんの記事が新聞に載っていました。

2001年以来の快挙だそうで、本当に良かったと思いました。

シンクロは、オリンピックでも、ロシアに次いで、2位や3位の位置までつけていた日本でしたが、この頃はメダルも遠のいてしまっていて、

ちょっと残念な結果が続いていましたが、ジュニアのこのような活躍は、今後に期待が持てる明るい材料になりますね。

私自身は、シンクロにも興味がありますが、泳ぐだけでも大変な思いをしているので、とてもシンクロなど考えられませんが、やはり見るのは楽しいです。

あれだけの演技を完成させるのには、相当苦しい練習を積んでいらっしゃるものと思われます。

これからも、大変な練習が続くとは思いますが、日本のみんなのため、そしてご自身の目標を達成させるために、がんばっていただきたいです。

今後の、浅野さんの活躍を心から応援しています。

予約型バスの普及なるか

過疎地での交通の便をよくするための手段として、予約型のバスに対する補助金を出すよう政府が考えているようです。

2020年には、今の倍の700市町村に導入して、交通の便をよくするように図っていきたいという意図のようです。

従来のバスと違うところは、バス停などに停まるのではなく、予約をした各家庭にタクシーのように回ってくださるというとても便利なサービスです。

これは、利用できれば本当に便利だと思います。タクシーに比べれば格安で利用できるでしょうし、時間も短縮できます。目的地もきまっていますから、効率よく利用できます。赤字路線がたくさんありますが、人がいないのに走らなくてはならないという、燃料の無駄もなくなりますし、交通渋滞を避けることができるのもよい点ですね。

私自身も車の運転はしないので、自分の地域でそういうサービスを利用できるようになれば、大いに利用したいと思っています。

ガソリンも高騰していることですし、それまでに、ミドリムシや、水素など、環境にやさしい燃料の利用が進むといいですね。